日々学習〜生涯ITエンジニアを目指して〜

ITエンジニアが日々学んだ事を書き記します

【応用情報】用語集[L]

f:id:taniyutt:20210719231103p:plain

LDAP

 Lightweight Directory Access Protocol。インターネットなどのTCP/IPネットワークでディレクトリサービスにアクセスするための通信プロトコルの一つ。ディレクトリサービスとは、ネットワーク上のコンピュータの利用者や接続された機器、その他何らかの資源に関する情報をサーバ上のデータベースで一元管理する仕組みである。利用者アカウントをディレクトリに登録し、複数のコンピュータで共用するといったことができる。

 LDAPは利用者がクライアントソフトを用いてディレクトリサーバに接続し、その管理する情報を利用するための通信手順を定めている。ITU-T勧告のX.500標準の一部を抜き出して簡略化し、TCP/IPで利用できるにしたもので、1995年にIETFによって最初の標準が発行された。

 著名なLDAPサーバとしては米マイクロソフトMicrosoft)社の「Active Directory」(アクティブディレクトリ)やオープンソースソフトウェアの「OpenLDAP」(オープンLDAP)などがある。