日々学習〜生涯ITエンジニアを目指して〜

ITエンジニアが日々学んだ事を書き記します

【応用情報】用語集まとめ

f:id:taniyutt:20210315231426p:plain [A]  [B]  [C]  [D]  [E]  [F]  [H]

[I]  [M]  [N]  [O]  [P]

[R]  [S]  [T]  [V]  [W]

[あ]  [い]  [う]  [え]

[か]  [き]  [く]  [け]  [こ]

[さ]  [し]  [す]  [せ]  [そ]

[た]  [ち]     [て]  [と]

   [に]     [ね]

[は]  [ひ]  [ふ]  [へ]  [ほ]

[ま]        [め]  [も]

[ら]  [り]  [る]  [れ]  [ろ]

【応用情報】用語集[L]

f:id:taniyutt:20210719231103p:plain

LDAP

 Lightweight Directory Access Protocol。インターネットなどのTCP/IPネットワークでディレクトリサービスにアクセスするための通信プロトコルの一つ。ディレクトリサービスとは、ネットワーク上のコンピュータの利用者や接続された機器、その他何らかの資源に関する情報をサーバ上のデータベースで一元管理する仕組みである。利用者アカウントをディレクトリに登録し、複数のコンピュータで共用するといったことができる。

 LDAPは利用者がクライアントソフトを用いてディレクトリサーバに接続し、その管理する情報を利用するための通信手順を定めている。ITU-T勧告のX.500標準の一部を抜き出して簡略化し、TCP/IPで利用できるにしたもので、1995年にIETFによって最初の標準が発行された。

 著名なLDAPサーバとしては米マイクロソフトMicrosoft)社の「Active Directory」(アクティブディレクトリ)やオープンソースソフトウェアの「OpenLDAP」(オープンLDAP)などがある。

【応用情報】用語集[F]

 f:id:taniyutt:20210629224055p:plain

FTTH

 Fiber To The Home。光ファイバーによる家庭向けのデータ通信サービスのこと。もとは、一般家庭に光ファイバーを引き、電話、インターネット、テレビなどのサービスを統合して提供する構想の名称だったが、転じて、そのための通信サービスの総称として用いられるようになった。

【令和3年春】応用情報技術者試験の結果発表

f:id:taniyutt:20210625215730p:plain

令和3年春の応用情報技術者試験の結果発表日だった。
結果は午前67.50、午後53.00で不合格。

自己採点のほぼ予想通り。
前回午後58.00で今回は行けるかと思ってたら甘かった。
表面上の知識を覚えただけでは合格は難しい。
セキュリティの知識のなさを痛感したので、
セキュリティとネットワークを勉強中。
午後はネットワークを選択して6割取れるようにしたい。

秋は午前午後ともに7割取って合格を目指したい。

【応用情報】用語集[T]

f:id:taniyutt:20210531230433p:plain

TPM

 Trusted Platform Module。コンピュータのマザーボードなどに装着される、セキュリティ関連の処理機能を実装した半導体チップ。業界団体のTrusted Computing Group(TCG)が標準仕様を策定しており、パソコンの企業向けモデルなどに搭載されている。

 単にTPMといった場合は単体のICチップとして実装された「ディスクリートTPM」(discrete TPM)を指すが、チップセットなど他のチップの内部に機能を統合した「統合TPM」(integrated TPM)、ファームウェアとして実装した「ファームウェアTPM」、ソフトウェアとして実装した「ソフトウェアTPM」(脆弱なため開発時のテストなどで使用)、ハイパーバイザーが仮想マシンに提供する「仮想TPM」(virtual TPM)などの形態も存在する。

 ディスクリートTPMのICパッケージは耐タンパー性を有するため、内部を解析して保存された暗号鍵などを読み取ろうとしても物理的に破損してしまい読み出すことができない。コンピュータが盗難された場合でも暗号化や認証を回避して中のデータを読み取ることはできないようになっている。

【応用情報】用語集[ね]

f:id:taniyutt:20210525222440p:plain

 

ネクストホップ

 ルータなどが持つ経路表(ルーティングテーブル)に記載される情報の一つで、個々の宛先ネットワーク毎に決められた、次に転送すべき隣接ルータ(のIPアドレス)のこと。ルータは内部的にネットワーク上の経路についての情報をまとめた経路表を作成・管理しており、その中で宛先ネットワークアドレスごとに記載された次に転送すべき隣接ルータのIPアドレスのことをネクストホップという。

ネットワークトポロジー

 通信ネットワーク上での機器間の接続形態の分類。ネットワークを構成する機器(ノード)同士がどのような規則性に基いて繋がれているかを模式的に表したもの。

 基本的なトポロジーとして、ノード間を環状に繋いだリング型(ループ型)、直列に数珠繋ぎにしたデイジーチェーン型(ライン型)、集線装置などを中心に各ノードを繋いだスター型、共用の通信路にすべてのノードを接続するバス型、各ノードが一つ以上の他のノードと結ぶメッシュ型、一つのノードから枝分かれする木のように繋がるツリー型などがある。

【応用情報】用語集[え]

f:id:taniyutt:20210427212931p:plain

エクスプロイト

 システムへの侵入を試みる行為や不正なプログラムのこと。攻撃者は、標的のシステムに発見した脆弱性に対してエクスプロイトを行い、システムに穴を開けて不正侵入する。