日々学習〜人の役に立てるITエンジニアを目指して〜

ITエンジニアが日々学んだ事を書き記します

応用情報技術者試験合格までの道のり

f:id:taniyutt:20220104223008j:plain

令和3年度秋期応用情報処理技術者試験に合格した。

挑戦を始めて約5年、8回目の試験でようやく合格した。

合格までの道のりを書きたいと思う。

受験したきっかけ

基本情報処理技術者に合格後、長い間資格の勉強をしてこなかった。仕事量が増えて勉強する気力が減ってきていたが、このままではいけないと思い受験を決めた。

同じような業務を続けているため、知識が幅が狭まっていると感じていて、幅広い知識を習得したかった。

また、客観的に自分の能力を測れるものが欲しかった。

プロフィール

中小システム開発会社のSE。
基本情報は取得済み。
妻、子1人の3人家族。

勉強方法

子どもが小さい(3歳)ので、子どもが起きている時は勉強できない。
子どもが寝た後の21時頃~0時の間で1時間勉強する事を習慣にした。
疲れてできないこともあったが、平均で週に5時間ぐらいは勉強した。
隙間時間で10分ぐらいの時間があれば応用情報技術者試験ドットコムの過去問道場をやった。

過去問道場があったから継続して勉強できた。

ちなみに過去問道場の解いた問題数は7,431問。段は八段までいった。

f:id:taniyutt:20220108000939p:plain

随分と解いたなという気がするが、気の向いたときにやっていたので苦になってはいなかった。

勉強時間

本格的に勉強をし始めたのは2019年4月の試験から。

最後の半年は週平均5時間やってたので、120時間。

それより前は週平均3時間やったとして、300時間。

だいたい420時間位やったと思う。

 

受験履歴

2016年から始めたので、約5年。

4回目までに初めて午前の合格ラインを越えた。

そこから勉強する気になってきたと思う。

6回目の午後が58点で次は受かるぞと意気込んでいたて7回目の午後が53点だった時は心が折れかけた。そこから立ち直ってセキュリティやネットワークの基本を勉強したのが良かったのだと思う。

年月 回数 午前 午後 午後予想
2016/10 1      
2017/10 2      
2018/4 3      
2019/4 4 60 39  
2019/10 5 67.5 47  
2020/10 6 66.25 58 53~62
2021/4 7 67.5 53 45
2021/10 8 70 62 59~63
試験での注意点

午前、午後とも150分あって時間に余裕が出来ると思いがちだが、

実際にやってみると時間が足りない。

午前は80問なので、1問あたり2分ない時間で解かないといけない。

私がやったやり方は、過去問で解いて確実に答えられる問題を先にやり、計算問題や即答できない問題は後に回す。過去問から出る問題は感覚としては4割ぐらい。

午後は記述問題が多いので、答えに迷って考える時間が多くなるとあっという間に時間が過ぎる。

今回はセキュリティの問題に時間をかけすぎて残りは焦って解いた感じだった。時間配分を考えてやらないと焦ることになる。1問にどれぐらいの時間をかけるか事前に考えておいたほうが良い。

参考書

勉強に使った参考書は以下の通り。

応用情報技術者 合格教本[技術評論社]

応用情報技術者 午後問題の重点対策[アイテック]

この2冊を中心にやった。合格教本は試験範囲が網羅されているので3往復はしたと思う。緑本と言われている午後問題の重点対策はひたすら問題を解いた。解説が詳しく書いていて、解説を何度も読んで覚えるようにした。

・情報セキュリティの基礎知識[技術評論社]

・ネットワークの重要用語解説[技術評論社]

・マスタリングTCP/IP入門編[オーム社]

この3冊はセキュリティとネットワークの知識が浅かったので読んだ。

マスタリングTCP/IPは分厚い本だったが、分かりやすく書いてあって読みごたえがあった。

・出るとこだけ!応用情報技術者午後[翔泳社]

緑本だけやっていて受からなかったので、この参考書を買った。

よく出るジャンルを絞ったほうが良いと考えるきっかけになり、選択問題を決めるのに役立った。

合格してみての感想

いつも合格ラインぎりぎりのところで合格発表を見るのが怖かったが、受かった時の瞬間は何とも言えないうれしさだった。社会人になってから一生懸命勉強する事があまりなかったのでいい経験が出来た。一番良い効果は勉強する習慣が出来たこと。これからもいろいろな事に興味を持って勉強する気持ちを忘れずにやりたいなと思う。

PL-100: Microsoft Power Platform App Maker(PL-100)合格しました

 

MicrosoftのPowerPlatformの資格、Microsoft Power Platform App Maker(PL-100)の

取得を取得しました。

PL-100はどんな資格か?なぜ資格を取ろうと思ったのか?を書こうと思います。

 

PL-100はどんな資格か?

PL-100はMicrosoft Power Platformの中級に位置付けられていて

PowerPlatformを用いてアプリを開発する技術者向けの資格。

 

以下マイクロソフトのページより引用

ソリューション分野に関する深い専門知識を持ち、チームのタスクとプロセスを簡素化、自動化、変革するための Microsoft Power Platform ソリューションの構築に情熱を注いでいるビジネス専門家を対象に作られています。 データ モデリング、基本的な UX 設計、要件分析、プロセス分析といった技術ビジネス アナリストの主要なタスクを遂行するためのスキルを備えている必要があります。

 

【引用元】

learn.microsoft.com

 

試験の範囲は以下の通り。

・ビジネス ソリューションの設計 (20 から 25%)
・データの分析と視覚化 (10 から 15%)
・ビジネス ソリューションの作成 (60 から 65%)

 

各種ツール(PowerApps、PowerAutomate、PowerBI)を使用して

アプリを作成するために最適なソリューションを選択できるかといった事が

問われる。

実際に業務でPowerPlatformを使用してアプリ作成の経験があると

理解しやすいと思う。

(私は経験がなかったため苦労しました)

資格を取得しようとしたきっかけ

きっかけは職場でPowerPlatformの需要が高まってきているが、経験者が少なく資格を取得して知識を習得しようと思ったため。

PL-900取得済みで次のステップであるPL-100を取得して知識を深めたかった。

勉強方法

PL-900と同様で市販の書籍がなく、ネットで探しても英語のものが多かったため購入を断念。

以下を使用して勉強を行った。

 

Microsoftが提供しているEラーニング

learn.microsoft.com

 

13のカテゴリがあり、ボリュームが多くてすべて学習するのは大変だったので

各モジュールにある問題を解いていった方が効率よく学習できる。

 

・外部セミナーに参加

 MicosoftLearn内に記載のラーニングパートナーが実施している 外部セミナーに参加した。

 料金が高いため、会社から援助してもらった。

 3日間の研修で演習中心だったのでPowerPlatformでどのようなアプリが作成できるかイメージできた。

 

learn.microsoft.com

 

・Udemyで以下のコースを購入

 PL-100のコースは英語版しかなく、評価の高かった以下のコースを購入しました。

www.udemy.com


ボリュームが多く(セクションが29、動画の合計時間16.5時間)、

全てをやれば合格できると思う。

(私は時間の確保ができず、問題集を中心にやりました)

全て英語なのでブラウザの翻訳機能を使用した。

ただ、PCで翻訳できるのですがスマホではできないため、

電車の中で学習することができなかった。

日本語版のコースが出てくることを願いたい。

 

・Udemyで以下の問題集を購入

www.udemy.com

 

どのような問題が出題されるか想像できず、

不安もあったので英語版だが問題集を購入した。

解いてみるとさっぱり分からないものが多く、不安になった。

試験を受けてみて分かったが、問題集の難易度が高かったので

あまり購入した意味がなかったかも。

試験申し込み

試験はピアソンVUEというところで申し込む。

自宅か試験会場か受験場所を選べる。自宅の場合は受験前に受験する部屋の状況を説明したりするので手間がかかるのとネットワーク環境も途中で切れたりすると不安だったので試験会場で受験することにした。

試験当日

試験はPCで行う。

予約した時間より早く到着すると、予約した時間より早く開始できる。

受付後、PCが置いてある部屋に案内されて、席に着くと早速試験開始。モニターには残り時間がカウントされて常に時間を意識させられる。

問題は約40問だった。

回答を選択するときに「後で確認する」を選択しておくと、すべてを回答した後に見直しができる。

PL-900の時と同様で1回読んだだけでは理解できない問題が多かった。

全ての問題で「後で確認する」にしておき、再確認したのが良かったと思う。

手ごたえがなく、不合格を覚悟したが、ギリギリの合格。

PL-900の時もそうだったが、予想より点数が高い印象。

受験してみての感想

試験対策で問題を解くことを重点的にやっていたので、アプリを作成する時間がさけなかった。本来はアプリを作成する時間を確保して取り込んだ方が身になると思う。

 

【SharePoint】ナビゲーションリンクを別タブで開く

SharePointで作成したサイトでナビゲーションリンクが別タブで開かなくて困っていた。
Microsoftのサポートに問い合わせていたが、ナビゲーションリンクを別タブで開くか設定が行えるようになるとのこと。
まだ作成したサイトでは設定は出来ないが、サポートのサイトでスクリーンショットが出ていて別タブで開く設定の項目がある。
順次設定ができるみたいなので、出来るようになるまで待ちたいと思います。

support.microsoft.com

SplashtopでWEB会議をした時にハウリングをしてしまう

SpashtopでWEB会議をした時にハウリングをして困った。
接続元のPCでWEB会議を主催し接続先のPCでも接続をした。
接続元のPCは音声OFFにして接続先のPCで音声をONにしたが、
話すと自分の声がやまびこのように聞こえてきた。

どうやらSplashtopの設定のようだった。
以下のURLを参考にして対応したら解決した。
support-splashtopbusiness.splashtop.com

Outlook2016でアカウントが追加できない

Outlook2016で最初に追加したアカウントを削除しようとすると、
「プロファイルに標準アカウント以外のアカウントが存在する場合、標準アカウントを削除できません。標準アカウントを削除する前に、他のすべてのExchangeアカウントを削除する必要があります。」
とメッセージが出て削除が出来なくなった。
調べてみると最初に登録したアカウントは削除できないようだった。

対応方法はこちらが分かりやすかった。
clean-copy-of-onenote.hatenablog.com

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの接続が切れる現象の対応

GMOWi-Fiを契約していて、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiに機種変更したが、
接続がよく切れて手動で再接続することがよくあり、大変困った。
いろいろ調べてみると、どうも5Gの接続に問題がありそうだという事が分かった。
5Gの接続をやめて4Gに接続するには機種の設定をいじる必要があり、ひと手間必要だった。
設定後は接続が切れることはなくなった。

こちらの価格コムの口コミが大変参考になりました。
これがなければ解決できなかったです。
bbs.kakaku.com

【Excel】常に読み取り専用で開くようにする

Excelのファイルを編集させたくない場合は、
ファイルを開くときに読み取り専用で開かせるように設定できる。

ファイルを保存するときに、保存のウィンドウの右下の「ツール」の▼をクリックして「全般オプション」を選択

「全般オプション」の「読み取り専用を推奨する」にチェックを付け、OKボタンをクリック

保存をすると、ファイルを開くときに以下のメッセージが出るようになる。

Power Platform Fundamentals(PL-900)合格しました


MicrosoftのPowerPlatformの資格、Power Platform Fundamentals(PL-900)の

取得を取得しました。

PL-900はどんな資格か?なぜ資格を取ろうと思ったのか?を書こうと思います。

 

PL-900はどんな資格か?

 

PL-900はMicrosoft Power Platformの基礎を理解している事を証明できる資格。

 

以下、"試験 PL-900: Microsoft Power Platform 基礎から引用"

この試験の受験者は、Microsoft Power Platform の機能を理解し、Power Automate で基本的なビジネス プロセスを自動化し、Power BI で基本的なデータ分析を実行し、シンプルな Power Apps を作成することでより効率的に行動し、Power Virtual Agents を使用して強力なチャット ボットを作成することで、生産性の向上を目指します。

docs.microsoft.com

 

試験の範囲は以下の通り。

Power Platform のビジネス価値について説明する (20-25%)
Power Platform のコア コンポーネントを特定する (10-15%)
Power BI の機能を実証する (20-25%)
Power Apps の機能について説明する (25-30%)
Power Automate の機能を実証する (10-15%)
Power Virtual Agents のビジネス価値を実証する (5-10%)

まんべんなくすべての範囲から出題されるため、

特定の分野ではなく全体を勉強する必要があります。

 

資格を取得しようとしたきっかけ

 

きっかけは職場でPowerPlatformの需要が高まってきているが、経験者が少なく資格を取得して知識を習得しようと思ったため。

職場からはPL-900、PL-100、PL-200の取得を推奨されている。

勉強方法

 

市販の書籍がなく、ネットで探しても英語のものが多かったため購入を断念。

以下を使用して勉強を行った。

 

Microsoftが提供しているEラーニング

docs.microsoft.com

 

Power Platformの概要の説明しているので、

目を通すだけでも何となくの範囲が理解できる。

時間があればじっくりと読むと良いと思う。

 

Microsoftの無料セミナーに参加

セミナーと言っても4時間の動画を視聴する形式。

視聴後にPL-900の無料で受験できるチケットをもらえるので受講をお勧め

します。

www.microsoft.com

 

・Udemyで模擬問題集を購入

 問題集を探したが、英語版が多かった。

 その中で日本語版があったため購入した。

 全部で150問ぐらいある。

 70~80問ぐらいずつに問題が分かれているが、

 全問解かないと正解が分からないので、それが難点だった。

 隙間時間でちょっとやろうという時にやりづらかった。

www.udemy.com

 

試験申し込み

 

Microsoftの無料セミナーに参加するとついてくるバウチャーを使用して申し込みを行った。試験申し込みの際にマイクロソフトのアカウントが必要になる。

無料セミナーは会社のメールアドレスで登録していたが、会社のメールアドレスは登録不可になっていて新規に@outlook.jpでメールアドレスを作成して登録を行った。

そうするとセミナーで登録した会社のメールと紐づける必要がある。

やり方が難しかったが、以下のURLを参考にして紐づけることができて、無料で試験が申し込めた。

 

PL-900のバウチャーが無効になっている - トレーニング、認定、プログラム サポート (microsoft.com)

 

試験はピアソンVUEというところで申し込む事になる。

自宅か試験会場か受験場所を選べる。自宅の場合は受験前に受験する部屋の状況を説明したりするので手間がかかるのとネットワーク環境も途中で切れたりすると不安だったので試験会場で受験することにした。

試験当日

 

試験はPCで行う。Microsoftの資格は初めてで、PCでの受験も初めてだった。

試験会場には試験開始の40分前に着いたが、受付が終わればすぐに試験開始とのこと。なので試験開始まで勉強する事も出来ない。心の準備が出来てなくて焦りがあった。

受付後、PCが置いてある部屋に案内されて、席に着くと早速試験開始。モニターには残り時間がカウントされて常に時間を意識させられる。

問題は40問だった。

回答を選択するときに「後で確認する」を選択しておくと、すべてを回答した後に見直しができる。自信がない回答が多かったので助かった。

最初の5問ぐらいが全く分からなくこれは落ちたかもと焦った。

制限時間ぎりぎりまで回答の見直しをして「完了」のボタンを押す。ボタンを押してすぐに結果が出るので、かなり緊張。

結果は合格でギリギリだと思っていたが、予想より点数は取れていた。

問題集を正答率9割まで解いていたのが良かったのかもしれない。

受験してみての感想

 

Power Platformは業務で携わったことがなく知識ゼロからだったが、基礎を学ぶにはいいと思う。どんなことがやれるのか、どんな機能があるのかがざっくりと覚えられるし、さらに上位の資格を取るには取っておく必要があると思った。