日々学習〜人の役に立てるITエンジニアを目指して〜

ITエンジニアが日々学んだ事を書き記します

応用情報技術者試験合格までの道のり

f:id:taniyutt:20220104223008j:plain

令和3年度秋期応用情報処理技術者試験に合格した。

挑戦を始めて約5年、8回目の試験でようやく合格した。

合格までの道のりを書きたいと思う。

受験したきっかけ

基本情報処理技術者に合格後、長い間資格の勉強をしてこなかった。仕事量が増えて勉強する気力が減ってきていたが、このままではいけないと思い受験を決めた。

同じような業務を続けているため、知識が幅が狭まっていると感じていて、幅広い知識を習得したかった。

また、客観的に自分の能力を測れるものが欲しかった。

プロフィール

中小システム開発会社のSE。
基本情報は取得済み。
妻、子1人の3人家族。

勉強方法

子どもが小さい(3歳)ので、子どもが起きている時は勉強できない。
子どもが寝た後の21時頃~0時の間で1時間勉強する事を習慣にした。
疲れてできないこともあったが、平均で週に5時間ぐらいは勉強した。
隙間時間で10分ぐらいの時間があれば応用情報技術者試験ドットコムの過去問道場をやった。

過去問道場があったから継続して勉強できた。

ちなみに過去問道場の解いた問題数は7,431問。段は八段までいった。

f:id:taniyutt:20220108000939p:plain

随分と解いたなという気がするが、気の向いたときにやっていたので苦になってはいなかった。

勉強時間

本格的に勉強をし始めたのは2019年4月の試験から。

最後の半年は週平均5時間やってたので、120時間。

それより前は週平均3時間やったとして、300時間。

だいたい420時間位やったと思う。

 

受験履歴

2016年から始めたので、約5年。

4回目までに初めて午前の合格ラインを越えた。

そこから勉強する気になってきたと思う。

6回目の午後が58点で次は受かるぞと意気込んでいたて7回目の午後が53点だった時は心が折れかけた。そこから立ち直ってセキュリティやネットワークの基本を勉強したのが良かったのだと思う。

年月 回数 午前 午後 午後予想
2016/10 1      
2017/10 2      
2018/4 3      
2019/4 4 60 39  
2019/10 5 67.5 47  
2020/10 6 66.25 58 53~62
2021/4 7 67.5 53 45
2021/10 8 70 62 59~63
試験での注意点

午前、午後とも150分あって時間に余裕が出来ると思いがちだが、

実際にやってみると時間が足りない。

午前は80問なので、1問あたり2分ない時間で解かないといけない。

私がやったやり方は、過去問で解いて確実に答えられる問題を先にやり、計算問題や即答できない問題は後に回す。過去問から出る問題は感覚としては4割ぐらい。

午後は記述問題が多いので、答えに迷って考える時間が多くなるとあっという間に時間が過ぎる。

今回はセキュリティの問題に時間をかけすぎて残りは焦って解いた感じだった。時間配分を考えてやらないと焦ることになる。1問にどれぐらいの時間をかけるか事前に考えておいたほうが良い。

参考書

勉強に使った参考書は以下の通り。

応用情報技術者 合格教本[技術評論社]

応用情報技術者 午後問題の重点対策[アイテック]

この2冊を中心にやった。合格教本は試験範囲が網羅されているので3往復はしたと思う。緑本と言われている午後問題の重点対策はひたすら問題を解いた。解説が詳しく書いていて、解説を何度も読んで覚えるようにした。

・情報セキュリティの基礎知識[技術評論社]

・ネットワークの重要用語解説[技術評論社]

・マスタリングTCP/IP入門編[オーム社]

この3冊はセキュリティとネットワークの知識が浅かったので読んだ。

マスタリングTCP/IPは分厚い本だったが、分かりやすく書いてあって読みごたえがあった。

・出るとこだけ!応用情報技術者午後[翔泳社]

緑本だけやっていて受からなかったので、この参考書を買った。

よく出るジャンルを絞ったほうが良いと考えるきっかけになり、選択問題を決めるのに役立った。

合格してみての感想

いつも合格ラインぎりぎりのところで合格発表を見るのが怖かったが、受かった時の瞬間は何とも言えないうれしさだった。社会人になってから一生懸命勉強する事があまりなかったのでいい経験が出来た。一番良い効果は勉強する習慣が出来たこと。これからもいろいろな事に興味を持って勉強する気持ちを忘れずにやりたいなと思う。

【システムアーキテクト午前Ⅱ】業務要件定義に用いる図

















UMLの図のうち、業務要件定義において、業務フローを記述する際に使用する、処理の分岐や並行処理、処理の同期などを表現できる図はどれか。

ア アクティビティ図
イ クラス図
ウ 状態マシン図
エ ユースケース





答:ア
アクティビティ図は業務や処理の実行順序や条件分岐などの流れを表現するダイアグラム。フローチャートを起源としており見た目も似ているが、同期バーを用いて並行処理を表現できる点がフローチャートとの違い。

【システムアーキテクト午前Ⅱ】ディープラーニング

















ディープラーニングに該当するものはどれか。

ア 従来の集合教育に、eラーニングや動画配信などのICT技術を活用した教育を組み合わせて、より深い理解を狙う。
イ 深層心理学の理論をコンピュータ上のプログラムに実装して、人の行動特性分析や性格診断を行う。
ウ 多次元データベースにおけるデータ分析の過程で、集計結果を下位レベルに掘り下げてデータ内容を確認し、更に精緻な分析を行う。
エ 多層構造のニュートラルネットワークにおいて、大量のデータを入力することによって、各層での学習を繰り返し、推論や判断を実現する。





答:エ
ディープラーニング(深層学習)はニューラルネットワーク(NN)を基盤として、複数の中間層を持つディープニューラルネットワークを利用する。ニューラルネットワークは、脳内で神経細胞(ニューロン)が様々な信号を受け渡しながら情報伝達や学習を行う仕組みを、コンピュータ上でモデル化する人工知能の概念。

【システムアーキテクト午前Ⅱ】機能情報関連図
















エンタープライズアーキテクチャ(EA)における、ビジネスアーキテクチャの成果物である機能情報関連図(DFD)を説明したものはどれか。

ア 業務・システムの処理過程において、情報システム間でやり取りされる情報の種類及び方向を図式化したものである。
イ 業務を構成する各種機能を、階層化した3行3列の格子様式に分類して整理し、業務・システムの対象範囲を明確化したものである。
ウ 最適化計画に基づき決定された業務対象領域の全情報(伝票、帳票、文書など)を整理し、各情報間の関連及び構造を明確化したものである。
エ 対象の業務機能に対して、情報の発生源と到達点、処理、保管、それらの間を流れる情報を、統一記述規則に基づいて表現したものである。





答:エ
機能情報関連図(データフロー図、DFD)とは、対象業務の処理過程と情報の流れを明確化するもので、政策・業務体系策定の成果物として、機能構成図を基に作成される。
アは情報システム関連図、イは機能構成図、ウは情報体系整理図(UMLクラス図)。

【システムアーキテクト午前Ⅱ】バランススコアカードを用いたIT投資評価手法
















IT投資の評価手法のうち、バランススコアカードを用いた手法を説明したものはどれか。

ア IT投資の効果をキャッシュフローから求めた正味現在価値を用いて評価することによって、他の投資案件との比較を容易にする。
イ IT投資をその性質やリスクの共通性によってカテゴリに分類し、カテゴリ単位での投資割合を評価することによって、経営戦略とIT投資の整合性を確保する。
ウ 財務、顧客、内部業務プロセスなど複数の視点ごとにIT投資の業績評価指標を設定し、経営戦略との適合性を評価することで、IT投資効果を多面的に評価する。
エ 初期投資に対する価値に加えて、将来において選択可能な収益やリスクの期待値を、金融市場で使われるオプション価格付け理論に基づいて評価する。





答:ウ
バランススコアカードは、財務に限らない四つの視点で企業業績を評価するフレームワーク。IT投資に適用すると、次にように多面的に投資効果を評価できる。
・財務の視点
・顧客の視点
・内部業務プロセスの視点
・学習と成長の視点

【システムアーキテクト午前Ⅱ】目標復旧時間















BCP策定に際して、目標復旧時間となるものはどれか。

ア 災害時に代替手段で運用していた業務が、完全に元の状態に戻るまでの時間
イ 災害による業務の停止が深刻な被害とならないために許容される時間
ウ 障害発生後のシステムの縮退運用を継続することが許容される時間
エ 対策本部の立上げや判定会議の時間を除く、待機系への切替えに要する時間






答:イ
BCP(事業継続計画:Business Continuity Plan)は「事業の中断・阻害に対応し、かつ、組織の事業継続目的と整合した、製品及びサービスの提供を再開し、復旧し、回復するように組織を導く文書化した情報」、目標復旧時間(RTO:Recovery Time Objective)は「中断・阻害された事業活動を規定された最低限の許容できる規模で再開するまでの優先すべき時間枠」。

令和4年春システムアーキテクト試験を受けた感想

令和4年春のシステムアーキテクト試験を受けました。
初めて受けたのですが、受けてみた感想を書きたいと思います。

応用情報合格後、なかなか勉強のやる気が出ず勉強時間が不足してた中での受験でした。

 

午前Ⅱ

初見の問題が多く(感覚としては8割ぐらい)自信をもって答えられる問題がほとんどなかった。過去問をこなしていなかったからという事もあり、自己採点の結果は11/25だった。半分も取れず惨敗だった。

午後Ⅰ

応用情報の午後と似たような問題で問題分に答えがあるので、問題をよく読めば解けるなという印象。ただ、時間が90分で2問を解かないといけないため少しでも詰まってしまうと時間が足りなくなる。

午後Ⅱ

論文形式で600文字から1200文字を描く必要がある。実際に仕事で経験した事が書ければよいが、シナリオをあらかじめ用意しておかないと厳しい。ほとんど練習ができたいなかく場当たり的に書いてしまった。章立ても考えて文章を整理して書かないと合格できないなと感じた。

全体を通して

午後Ⅱはたくさんのシナリオを考えておき、制限文字で時間内に書く練習をする必要がある。午前Ⅱは過去問道場がないのが厳しいが自分で問題作成アプリを使用して隙間時間で勉強できるようにしたいなと思った。午前Ⅱ、午後Ⅰは過去問をとにかく解いていけば慣れてくると思う。

初めて受けてみて、しっかり勉強すれば合格できるのではないかと思うので来年の春の合格を目指して勉強をすすめたい。

【システムアーキテクト午前Ⅱ】NRE(Non-Recurring Expense)














NRE(Non-Recurring Expense)の例として、適切なものはどれか。

ア 機器やシステムの保守及び管理に必要な費用
イ デバイスの設計、試作及び量産の準備に掛かる経費の総計
ウ 物理的な損害や精神的な損害を受けたときに発生する、当事者間での金銭のやり取り
エ ライセンス契約に基づき、特許使用の対価として支払う代金






答:イ
Reccurは「再発する」、「繰り返す」などの意味。NREで「繰り返さない費用」という意味になり、特に工業製品の量産開始までの開発費を指す。デバイスの設計、試作、量産の準備に掛かる費用は、最初に一度だけ発生するのでNREである。